おうちで和食

TOP > 記事

子供が喜ぶ簡単和のお弁当

お弁当を食べるとき、一番ワクワクするのは蓋を開ける瞬間ではないでしょうか。
お弁当のおかずは、子供が好きなハンバーグやフライなどの洋風おかずが人気ですし、彩りも鮮やかですよね。和のおかずは彩りが暗いイメージがあるかもしれませんが、栄養バランスに優れ、味覚を育む味付けなど、子供の成長を助けるおかずがたくさんあります。そこで今回は、和のおかずがお弁当におすすめの理由や簡単おすすめ和のおかずメニューをご紹介します。

「和のおかず」が良い理由

 

1.ご飯との相性が抜群
和のおかずは、ご飯をおいしく食べるために作られたもの。
炭水化物をしっかりとることができるご飯との栄養バランスも抜群です。

2.自然な風味が活用できる
和の食材である鰹節や青のり、桜エビなどを使うと、料理に風味や香りをプラスできます。

3.素材の味を活かしたやさしい味付け
だしや食材のうま味を活用すると薄味でもおいしいおかずになります。
薄味でもおいしいと感じることのできる、子供の味覚を育みます。

 

時短&アレンジでらくらく!和の簡単おかず

1.だしで炊いた保存野菜をアレンジ 
だし汁で炊くか、蒸して保存しておいたかぼちゃ、じゃが芋、さつま芋などを、朝はレンジで再加熱してごま和えや、おかか和えに。ごま和えをラップで包み、キュッと丸めると見た目にもかわいい、野菜のごま和えボールができます。

2.合わせ調味料でらくらく味付け
醤油、みりん、料理酒、砂糖の合わせ調味料を作ります。白だしやめんつゆを活用してもいいでしょう。
ボイルした青菜や型抜きした人参を漬けて一晩置くと自然と味が染み込みます。お弁当に花形、星形の野菜を飾るとお子さんの食欲も刺激できます。

栄養アップ!色々具材の簡単ボールおにぎり

しっかり食べてほしいご飯は、彩り豊かな具材を使って、かわいい簡単ボールおにぎりに。組み合わせる具材によって栄養のバランスもぐっと良くなります。

1.鮭+枝豆おにぎり 
ほぐした焼き鮭と、ボイルした枝豆の実でピンクと緑がきれいなおにぎりに!大人の鮭弁当を作りながら用意できますよ。

2.小松菜+しらす干し+ごま
1cmの長さに刻んだ小松菜をごま油で炒めて醤油で味付けします。あっという間に小松菜のふりかけに。この小松菜ふりかけにシラスとごまを混ぜると、カルシウム満点おにぎりの完成です!

3.コーン+塩昆布
塩昆布だけだと地味になりがちなおにぎりに、ボイルしたコーン(缶詰でもOK)を加えれば彩りもキレイに。コーンの甘味と塩昆布の塩味がちょうどいいバランスです。

ラップに包んで簡単に作れるので、「ごはんに具材を混ぜる」「握る」などお手伝いをしてもらってもいいでしょう。子供の「食べたい」気持ちが膨らみますよ。

 

お弁当箱が空になって帰ってくると嬉しいですよね!
素材のうま味を生かし、冷めてもおいしい、和える・混ぜるだけの和の簡単おかずから始めてみませんか。

文:考食師・管理栄養士/原祥子

関連キーワード

おすすめ記事

Ranking-人気記事-

Keyword-キーワード-

Keyword-ワークショップ

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube