家族の健康を願う5つの節句

総合評価: 4.035 件のレビュー)

五節句をご存知ですか?

「節句」とは季節の変わり目のことで、昔から特別な食事を用意し、豊作や無病息災を願う行事が行われてきました。子供の成長を祈るお祝いの日として、桃の節句、端午の節句、七夕の節句はご存知の方も多いと思います。他にも人日の節句(1月7日)、重陽の節句(9月9日)があります。 今回は1年の最初の節句である「人日の節句」について紹介します。

【五節句】

◎人日(じんじつ)の節句:1月7日

別名「七草の節句」。七草の入った粥を食べ、1年の無病息災を願う日です。

◎上巳(じょうし)の節句:3月3日

別名「桃の節句」。ひな人形やモモの花を飾り、女子の誕生を祝い、健やかな成長を願う日です。

◎端午の節句:5月5日

別名「菖蒲の節句」。男児の誕生を祝い、健やかな成長を願う日です。菖蒲湯に浸かり厄を祓い、子孫繁栄を意味する柏の葉を使った柏餅を食べます。

◎七夕の節句:7月7日

別名「笹の節句」。短冊や飾りを竹に吊るし、豊作を祈るとともに、技芸の上達を願う日です。

◎重陽の節句:9月9日

別名「菊の節句」。薬としての効果や邪気を祓うとされる菊の花を浮かべた菊花酒を飲み、長寿を願う日です。

人日の節句とは?

「人日の節句」が「1月7日」なのは、中国から日本に節句が伝わったときから7日が「人」を大切にする日として、家族の邪気を祓い1年の健康を願うという意味がこめられていたからです。

この日に食べるのが「七草粥」です。七草とは「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)」のことです。芽吹いたこれらの若芽を食べることで、植物がもつ生命力を体に摂りいれ、健康で長生きができるとされてきました。春先の若芽や草木の香りが強く、独特な苦味があるのは、体にたまった老廃物を外に出すために必要なビタミン・ミネラルが入っているから。子供にとって苦手な苦味も、味覚を育てるうえで大切な味の一つです。調理を工夫して、節句の料理を家族で味わってみませんか。

子供にも食べやすい七草粥の作り方

【材料(4人分)】

  • ご飯…300g
  • 水…ご飯の3倍
  • 春の七草…せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)
  • 塩…適量

【作り方】

1.ご飯はザルに入れ、流水でさっと洗い、粘りをとります。

2.ご飯、水を鍋に入れてお粥を炊きます。

3.炊いている間に別の鍋に塩を入れた湯を沸かし、七草を入れてさっと茹でます。 茹で上がったら刻んでおきます。このとき、子供向けに七草を取り分けておきます。子供用の七草は、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)を多く、クセや苦味のあるせり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざは、分量を少なくしておきます。

4.お粥が炊き上がったら塩で味をととのえ、子供用の七草を合わせて、先に子供分を盛ります。取り分けたら残りの七草を加えて、大人向けの七草粥を仕上げます。

☆調理前の七草を観察しましょう!

七草を初めて見る子も多いはず。子供と一緒に、七草の名前を口に出して言ってみる時間を作ることで、コミュニケーションの時間にもなります。

☆時間があるときは、生の米から炊きましょう!

ちょっと時間はかかりますが、生の米から炊いたお粥はお米のツヤと甘みがあります。米から作る場合は、4人分で1合の米に水を5倍量加えて作ります。何かと忙しい毎日ですが、顔を合わせて食事をとるだけでも心和む時間になります。節句には家族で食卓を囲み、その由来を一緒に話をしながら行事食を食べ、日本の文化を子供に伝えていきましょう。そして家族の健康と幸せを祈りましょう。それが和食文化を守ることにもつながります。

文:考食師・管理栄養士/原祥子