おいしい!便利!「黄金だし×離乳食」

総合評価: 4.035 件のレビュー)

2018年1月8日

食事づくりは毎日のことだから、できるだけおいしく、短時間で経済的な方法がいいですよね。そんな難題を解決してくれるのが「黄金だし」!意外と簡単、手間いらずでだしが取れるのです。

今回は「黄金だし」のレシピと、「黄金だしを使ったとりわけ離乳食」のレシピをご紹介します。

うまみ+香りのだし汁は、風味がよく塩分無添加で経済的♪だしは休日に作って製氷皿で冷凍しておけば、必要な分量だけすぐ使えて平日はラクチンです。これさえ知っておけば和食づくりのハードルがグンと下がります。ぜひ試してみてくださいね。

  • 黄金だし
  • 離乳食(かぼちゃのペースト)
  • 離乳食(小松菜としらすの軟飯)

  • 黄金だし

    【材料】

    • 水・・・6カップ
    • 昆布・・・鍋底の半分くらいの大きさが目安
    • かつお節・・・15g

    【作り方】

    (1)鍋に昆布と水6カップを入れ、昆布がふやけたら火にかける。昆布は鍋底の半分くらいの大きさが目安。(画像参照)

    (2)沸騰直前に昆布を引き上げ、かつお節15gを加える。

    (3)菜箸でかつお節を押さえ、再び煮立ったら火を止める。かつお節が鍋底に沈むのを待つ。

    (4)ざるにキッチンペーパーをしき、(3)をこす。

    【保存方法】

    製氷皿で小分け冷凍しておけば、忙しい日は凍ったままお鍋にポン!

    黄金だしを使った離乳食 かぼちゃのペースト

    離乳食初期(5~6ヶ月)

    【材料】

    • かぼちゃ(ひと口大に切ったもの)・・・適量
    • だし汁(かぼちゃを煮る用)・・・200cc
    • だし汁(離乳食用)・・・大さじ1

    【作り方】

    (1)かぼちゃはひと口大に切り、やわらかくなるまでだし汁で煮る。

    (2)やわらかく煮たかぼちゃの皮をとってから、すりつぶす。水分が足りないようだったら、だし汁(大さじ1)を加えてペースト状に。風味UPの効果も。

    ※(1)で煮たかぼちゃは、大人用の「かぼちゃのだし煮」にもなります。

    黄金だしを使った離乳食 小松菜としらすの軟飯

    離乳食初期(9~11ヶ月)

    【材料】

    • 小松菜・・・20g
    • しらす・・・15 g
    • 軟飯・・・80g
    • だし汁・・・大さじ1

    【作り方】

    (1)小松菜をたっぷりの湯でゆでて、一度冷水にとる。アクが抜け、砂などの余計なものがとれる。

    (2)だし汁(大さじ1)、ゆでた小松菜(20g)と湯通ししたしらす(15g)を和える。

    (3)軟飯(80g)に、(2)で和えた小松菜としらすを加えて混ぜる。

    ※(1)でゆでた小松菜や、(2)で湯通ししたしらすを使えば、大人用の「小松菜のしらす和え」になります。

    黄金だし

    離乳食(かぼちゃのペースト)

    離乳食(小松菜としらすの軟飯)