More
おしながき

和食文化継承リーダー研修

Leadership training

和食文化継承リーダー研修について

この研修は、国の事業として、子どもたちや子育て世代に対して、和食文化を伝える人材を全国に育成するために実施しています。受講者は、基礎研修・実践研修・実地研修の各プログラムを受講いただき、全ての課程を修了した受講生に対して、「和食文化継承リーダー」として認定証を発行しています。
認定後は、様々な活躍の場で和食文化の継承に力を発揮していただけます。
令和4年度リーダー研修の募集は終了しました。
参加費無料

研修の流れ

基礎研修、実践研修、実地研修の3ステップを経て、和食文化継承リーダーに認定されます。基礎研修の専用テキストはこちらからダウンロードできます。
1
基礎研修
専用テキストを使用して、全12回のオンデマンド講座(動画)を受講し、理解度チェックテストを受けます。
詳細を見る
2
実践研修
ウェブ会議システム(Zoom)を使用したグループワーク(WS)研修を受講します。
詳細を見る
3
実地研修
研修内容を踏まえて、ご自身の職場などで実践を行い、その内容をレポート提出します。
詳細を見る
4
認定証の発行
全ての課程を終えた方は、和食文化継承リーダーに認定されます。
詳細を見る

認定者リスト

今までに認定された和食文化継承リーダーの一覧がご覧いただけます。

認定後の活動サポート

和食文化継承リーダー限定イベントへの参加(参加料は無料です。)

このイベントでは、リーダー間の交流だけでなく、ご自身のスキルアップや新たな気づきを得ることもできるイベント内容になっています。また、毎回多彩なゲストも参加します。

活動の情報サポート

月に数回程度、給食だよりなどで使える情報、スキルアップに関する情報などを登録いただいたメールへお知らせします。

活動の場のサポート

ご自身のフィールド以外での活動を希望される方限定で、講演・取材・企業との連携などのマッチング情報をお伝えさせていただきます。

講師紹介

基礎研修

露久保美夏
東洋大学食環境科学部食環境科学科
露久保美夏准教授
Mika Rokubo
専門分野:調理科学、食文化
一般社団法人和食文化国民会議調査・研究部会幹事
一般社団法人日本家政学会食文化研究部会委員

実践研修

藤本 勇二
武庫川女子大学 幼児教育学科
藤本 勇二准教授
Yuji Fujimoto
研究分野生活科教育/初等理科教育ESD
文部科学省食の指導の手引き作成委員
今後の学校における食育の在り方に関する有識者会議委員
文部科学省環境教育指導資料作成委員
文化庁伝統文化親子教室事業に係る協力者会議委員

実践研修

舘岡 真一
妙高市立妙高小学校 教諭
舘岡 真一
Shinichi Tateoka
新潟県佐渡市出身
『米の栽培と豚の飼育』『上越の御馳走』『妙高で受け継がれてきた味』など地域素材を生かし、教科と総合学習の関連を図った単元開発に取り組んでいる。身近にある“当たり 前”を見つめ直し、その価値に気付いていける子どもの育成を目指す。